ブログ

コロナ騒ぎで役員の株をあげる?

コロナウイルスの影響に関する報道は日々加熱しています。
マスクや紙製品の積極的な購入はせず、最低限できることをして自分と周りを守っていくしかないなと感じています。

予想通り、内定取り消しや解雇の報道がちらほらと出てきました。
しかし、これだけ人の往来がなくなり、街から人が減ってしまうと、事業の継続が厳しくなるところも増えてくるだろうなと。
就職活動でも、合同説明会やら色んなイベントが中止になったり延期になったり。
採用人数も減らすのではないかと不安定な状況です。

今はコロナから身を守ることに躍起になっている段階ですが、次にやってくる経済的な影響は、ウイルス以上に長引きそう。
来年からの雇用は厳しくなってしまうかもしれませんが、来月から出勤が決まっている今年の内定を取り消すのはさすがにどうかと思う。
人の人生なんだと思ってるのか。

コロナの影響はまだ数か月しか経っていません。
それでまずヒトを切って乗り切ろうという企業は、そもそもコロナ関係なく危なかったし、コロナが落ち着いても危機は続くでしょう。

リーマンショックの時も、バブル崩壊後の氷河期も、就職が決まらない良い人材がたくさん溢れていました。
こんな時こそ逆転の発想で、普段通りの採用をしてほしいなと思います。
貯めていた内部留保、いま使う時ではないですか?
売り手市場の時では採用できなかったような優秀な人材が来てくれるかもしれません。
役員報酬下げてでも雇用を維持していただきたい。
普段から社会保険料が高くて、何か良い手はないかと言っているではないか。
役員報酬下げたらぐんと保険料下がりますよ。

関連記事

  1. 4月5月を振り返って
  2. パートの妻が社会保険に加入する最大のメリット
  3. 長いこと生きてたら、そりゃ色んな事あるよ
  4. 役所に聞くか専門家に聞くか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP